壮年性脱毛症の起きるメカニズム

壮年性脱毛症の起きるメカニズム

壮年性脱毛症、つまり男性型脱毛症は何故起きるのでしょうか?
男性型脱毛症は男性ホルモンの過多や分泌異常が発端となります。
元々体内にある還元酵素5aリダクターゼと男性ホルモンが結ぶ付く事で起きます。
この2つが結び付く事でジヒドロテストステロンと言う物質が生成されます。
このジヒドロテストステロンが強力な脱毛効果を発揮するのです。
ジヒドロテストステロンが発毛サイクルを著しく乱します。
発毛サイクルが遅くなり、脱毛サイクルが早まる事で引き起こされるのです。
発毛が脱毛に追い付かなくなり、最終的に禿げになっていくのです。
これが壮年性脱毛症つまり男性型脱毛症のメカニズムなのです。
現在ジヒドロテストステロンに直接働きかける薬は未開発です。
では、この壮年性脱毛症は治す事が出来ないのでしょうか?
結論から言えば、男性ホルモン及び5aリダクターゼを抑制すれば治療が可能です。
この2つに関しては現在抑制に効果の発揮する薬があるのです。
また、これらを抑制する育毛剤も現在は存在します。
但し、頭皮環境を整えると言った受動的で一般的な育毛剤では効果はありません。
現在は男性型脱毛症が原因になる大きな要素である事が解明されそれ用の育毛剤が次々開発されています。