育毛剤 壮年脱毛症

壮年性脱毛症とは?

壮年性脱毛症と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?
薄毛や抜毛に悩んでいる人は今や少なくないでしょう。
ストレス社会、物質社会による生活習慣病や、成人病が多い時代です。
これらの事は意外と髪の毛に大きな影響を与えるのです。
こんな時代だからこそ薄毛や抜毛が多く、育毛剤が必要な時代なのです。
壮年性脱毛症とは、青壮年時に起きる脱毛症です。
つまり20代から40代辺りまでに起きる脱毛に関して言います。
この原因はAGAと呼ばれる男性型脱毛症が起因となっています。
この脱毛症は前頭部と頭頂部などの左右対称な薄毛抜毛の症状を言います。
男性型脱毛症と呼んでいますが、この壮年性脱毛症は女性も発症します。
壮年性脱毛症は毛周期における成長期が短くなる事で起きます。
毛包が小さくなり、毛が細く、弱くなり抜毛が増えるのです。
年齢が高くなるほどかかりやすく、また進行が激しくなります。
早めのケアでレベルを抑える事は出来ます。
放置し、時間が経てば経つほど致命的な状態になります。
毛が生えない毛穴は死滅してしまう可能性が高く、出来るだけ抜毛を抑える必要があります。

休眠状態の毛穴であれば自分に合った育毛剤次第では発毛する可能性が高くなるのです。